屋根塗装の工期は11日!?~各工程とその日数をわかりやすく解説!

 



皆さんこんにちは。

岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。


屋根塗装は屋根を塗り替える前に、色々な作業を行って塗装を行うのが特徴です。それぞれの工程には必ずルールがあり、丁寧に行えば行う程日数が掛かることになります。


一般的に屋根塗装は、雨が降っている時などは塗装工事が延期になることも少なくありませんし、屋根が濡れている時なども同じことが言えます。そのため、梅雨時期などの場合は、雨が少ない季節と比べた場合、スケジュールが長めに設定が行われることも少なくありません。


住宅の屋根塗装の場合、一般的な工程は約11日間などとも言われており、雨が続いてしまうと、これ以上の日数が掛かることもあります。

では具体的に、どんな作業に最低どのぐらい日数が必要となるのかを、以下にまとめてみました。



近隣への挨拶まわり:1日

まず塗装を始める前に、周囲に住んでいる人々への挨拶回りが必須です。これは作業中の塗料の臭いや塗料が飛び散る可能性があるなどからも必ず行われます。




足場および養生設置:1~2日

挨拶が済むと足場を設置することになりますが、足場の設置および養生設置で1~2日間を要します。

足場は作業者が安全な状態で塗装工事が出来るようにする目的があり、養生には高圧洗浄や塗装時の塗料の飛び散り防止などの目的を持つものです。




高圧洗浄・屋根の補修:約1日

高圧洗浄や屋根の補修などで約1日を要しますが、屋根の状態…たとえば思ったよりもヒビや割れ・欠けがあって補修に時間がかかったりする場合、これ以上の日数が掛かることも少なくありません。




塗装・縁切りなど:5日

塗装作業は3日間、屋根材間の隙間を取り除いて、専用カッターで塗料を切り取る縁切りで約1日、点検及び手直しや片付けおよび足場の解体や撤去でそれぞれ1日などになります。





いかがでしょうか。これでおおまかな工程のほか、11日という工期は案外ギリギリの日程で、天候その他で工期が伸びる可能性があることがご理解いただけたかと思います。

とはいえ生活しながらの工事ですので、なるべく短期で終わらせたいものですよね。

ぜひご家庭のスケジュールをうまく工夫しながら、工事を進めましょう!


私たちTOTAL PAINTINGでは、柔軟に対応しております。工期のスケジュールについても、どうぞお気軽にお問い合わせください!


***

<こちらの記事もおすすめ!>

外壁塗装の上塗り、中塗り、下塗りそれぞれの役割とは?

http://total-painting.com/blog/11933


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

TEL:086-238-2790

http://total-painting.com/contact