どうやって外壁塗装業者を見分ける?失敗しない見分け方をご紹介します

 


皆さんこんにちは。 岡山県岡山市を拠点に店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


外壁塗装を依頼したいけど、どの業者がいいのかわからない」という方は多いと思います。


外壁塗装を行う回数は何度もあるわけではないため、良い業者、悪い業者を見分ける方法がわからないのはある意味当然といっても良いでしょう。

だからと言って「どんな業者でもいいや」と安易に決めてしまっては、後になって高額な損失をしてしまう可能性があります。


そこで今回は、「どんな塗装業者が信頼の置ける業者であるのか」についてご紹介します!




■外壁塗装業者を選ぶコツ



外壁塗装業者を見分けるコツの一つは、家の状態、環境を見たうえで判断してくれるのかです。

当たり前ですが塗装の耐用年数は住んでいる家の環境によって変わります。

紫外線によく当たる家であったり、雨風が強い地域であったりと、それぞれ環境は同じ日本であったとしても大きく異なります。

それにもかかわらず、「塗装は10年おきに塗り替えないといけない」と言い切る人は知識が薄い業者、あるいは対応がいい加減な業者である可能性があります。


信頼の置けると創業者とは、塗装について詳しく、丁寧に解説してくれる業者です。


10年で塗装の塗り替えをしなければいけないと安易に決めつけている業者ではなく、家によって塗装の耐用年数が変わることを丁寧に教えてくれる業者を選ぶように意識することで損しない塗装業者選びをしましょう。




■塗装工事許可証の確認


実は、塗装業を営むにあたっては資格や許可証は必要ありません。そのため、国や行政から「塗装工事許可証」を取得しているかを確認してみましょう。許可証のある業者は、実績や信用が確かであるといえるので、是非チェックしてみてください。




■技術力は大丈夫?資格も確認しよう



「塗装技能士の合格証書」も業者の技術力の見極めに役立つポイントです。中でも、一級塗装技能士は取得までに長い実務経験が必要な資格なので、妥協なく業者を選びたい場合には一級にこだわるのも良い選び方です。


外壁や屋根の塗装を行う場合には、業者選びが非常に重要となります。実績や技術力に乏しい業者ではコストパフォーマンスの高い工事は期待できませんし、悪徳業者に依頼してしまうと様々なトラブルに見舞われてしまう恐れもあります。

是非上記のポイントを重視しつつ、安心して任せられる業者を選んでくださいね。


私たちTOTAL PAINTINGでは、住まいの防水をはじめ、屋根・外壁の塗り替えでお悩みに対していつでも回答する姿勢です。少しでも疑問点があれば、ぜひお気軽にお問合せください。



\秋塗キャンペーン実施中/

詳しくはトップページをご覧ください!

https://www.total-painting.com/