無垢材って何?自然塗料のメリットは?

 


皆さんこんにちは。

岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。


最近では「オーガニック」という言葉が浸透し、環境保護や健康のため、住宅や食べ物に気を配る方も多くいらっしゃいます。

住環境の中では、時には「無垢材」という言葉を耳にすることがあります。読み方は「むくざい」と読み、一般的には木材を指していることになります。


今回は、この「無垢材」の、魅力や無垢材に合わせてほしい自然素材の塗料をご紹介します。




■合板と無垢材



木材と一口にいっても、接着剤などを用いた合板などが存在します。このタイプの木材の場合は、室内の内装に使われることが多いです。


例えば壁材に使っているものや、床材としてフローリングに使われているものもがあります。

無垢材に関しては、同じ木材の中でも1本の木から製造されているもので、張り合わせなどを行っていない自然素材になります。


その結果として自然的な風合いを楽しむことができ、使い込むほどに味わいというものが出てくることが多く、ホルムアルデヒドなどを一切含まずに、薬剤なども使用されていないことから、無垢材の場合では健康被害が起きることが少なくなると言われているのです。




■無垢材はどんなところに使われる?



用途に関しては壁材として使用するような住宅や、フローリングに無垢材を活用している住宅などもあり、特にフローリングの場合では自然を感じることのできる風合いを保つことに向いている素材です。現在ではコーティングすることも可能な素材です。




■無垢材には「自然塗料」を



塗料は外観を美しく見せるだけではなく、腐食・劣化・変質を予防するために重要な役割を果たしています。しかし近年では、石油化学系塗料が主流となっており、塗料に含まれている成分が健康に害をもたらしています。


そこで注目されているのが自然塗料です。

現在出回っている自然塗料のほとんどはドイツから輸入されています。


原料の調達から廃棄に至るまで全ての過程をライフサイクルアセスメントとし、環境に配慮しているのがドイツなのです。


自然塗料の主成分は植物性のものを使用しており、健康に害を与える成分を含んでいません。

自然塗料のメリットは、なんといってもアレルギー反応が出にくいことです。化学由来の塗料で起こるシックハウス症候群や化学物質過敏症の心配はありません。




■自然塗料にはどんな種類がある?


自然塗料には様々な種類があります。

例えば「漆」は天然木の味わいを楽しめ、塗り直しが容易です。

「蜜蝋」は食品にもなっているほど安全性が高く、耐久性の高さがメリット。「柿渋」は防虫・防水・殺菌効果が高く、ホルムアルデヒドを吸着してくれます。他にも「桐油」は耐水性に優れ、セラックニスは乾燥が早いので工期を短縮できますよ。


私たちTOTAL PAINTINGでは、住まいの外装のプロです。素材に合わせて最適な塗料を選定し、素材が活きる塗装を行います。


9~11月にご成約の方は10%OFFになる「秋塗キャンペーン」も行っておりますので、ぜひこの機会におお問い合わせください!