チョーキングと塗装の必要性

 



こんにちは!

岡山県岡山市を拠点として店舗内塗装や家具塗装、

デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


いよいよ冬も本格的になってきましたが、冬といえば乾燥が気になる季節。

お肌ですら乾燥が気になってしまうのですから、ずっと屋外にさらされている外壁は、もっと厳しい環境にさらされていることになります。


さてそんな外壁を触ってみて、白いチョークのような粉が手に付いたことがあるという人は多いのではないでしょうか?

これは、「チョーキング」と呼ばれる現象です。

塗料の劣化によって起こるもので、外壁塗装を塗りなおす時期のサインとなっています。


外壁塗装が劣化をしても直接大きな被害にはつながりにくいので、外壁塗装にかかる費用の事も考えてそのまま放置してしまうという人も多くいらっしゃるようです。

しかし、外壁塗装は建物を保護するという大きな役割を持っているので、そのまま放置していると後々大変なことになってしまうことがあります。




外壁塗装が劣化すれば、建物を保護することができなくなってしまいます。

保護するものがなくなってしまうと、必然的に徐々に建物が劣化してしまうことになります。


建物が劣化して耐久性が落ちてしまうと、寿命が縮まってしまうことになり、修繕をするにしても高額な費用が発生してしまうことになります。

つまり、外壁塗装の劣化に気付いた段階で早めに塗りなおしをしておくことで長い目で見て費用を抑えることができるのです。


外壁でちょっとでも気になることがあれば、ぜひTOTAL PAINTINGまでお気軽にご相談ください!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

086-238-2790

http://total-painting.com/contact