岡山市南区 M様邸 ペンキ塗りちょっと待って!立派な木製家具調玄関ドア再塗装

木製の立派な玄関扉が紫外線や雨などにより痛んできた為イメージをそのままによみがえらせたい!
木製のドアの再生塗装ですが、せっかくの立派なドアです。ペンキなどで塗りつぶしてしまってはもったいなく後にぽろぽろと剥がれ落ちてしまいます。そこで家具塗装の技術が必要となってきます。既製品の家具は、カラークリアーで塗装してある事が多くクリアー層と一緒に色が取れてしまうことが多く劣化と共に色あせてきます。内側と外側の色が違うなんて事も良く有ります。既存の塗膜を取り去り木にしみこんだ黒ずみや汚れを専用の薬品で除去してやります。内側(紫外線による色あせの無い所)に合わせ色を付けてクリアーで表面から水のしみこむのを防いでやる必要が有ります。お施主様にも大変満足頂き日常のメンテナンスの仕方をご説明させて頂き工時終了です。

Before

After

前の施工事例

戸建て

岡山市東区U様邸 玄関ポーチ木柱再生新築時の白さをもう一度

次の施工事例

店舗

岡山市中区中華そばや 店舗の歴史と共に歩んできたテーブル

おすすめの施工事例