岡山市東区U様邸 玄関ポーチ木柱再生新築時の白さをもう一度

汚れてしまった玄関の柱や軒裏新築当時のイメージにもどりませんか?外壁と屋根塗装時に依頼がありました。
通常ペンキにてべったりと塗ってしまいがちな木部ですが、非常にもったいなく浮きや剥がれが起こりだんだんと手の付けられない状態になってきます。白木を使った技法は、日本家屋の一番美しい所だと思います。和型の瓦に白木の柱大切にしていきたいです。
柱や軒裏を何種類もの薬品を使い何度も洗ってやります。木の汚れの種類ですが、あく、シミ、日焼け、カビすべて薬品が違うので何種類もの薬品を使ってやる必要が有るのです。根気良く作業を続ける事により新築時の美しい木肌がよみがえります。
しかしこのままでは、再び汚れがついてしまう為白木部分の保護材、防汚剤を塗布します。もちろんクリアーなどの塗膜を付けずに木肌をそのまま生かした塗装方法です。細かなメンテナンスをしてやることで美しい木肌をいつまでも保つ事が出来ます。日常のメンテナンスもしっかりとレクチャーする事でメンテナンスのサイクルを大きく伸ばしてやる事が出来ます。トータルペインティングでは、お施主様に出来る範囲での日常の小さなメンテナンス方法をお教えします。

Before

After

前の施工事例

その他

岡山市南区箕島F様邸 木目を生かした玄関羽目板WPステイン

次の施工事例

戸建て

岡山市南区 M様邸 ペンキ塗りちょっと待って!立派な木製家具調玄関ドア再塗装

おすすめの施工事例