ツヤ有り塗料のメリットとデメリットについて

 



こんにちは。 岡山県岡山市を拠点に店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


街を歩いて外壁を眺めていると、「ツヤがあって輝いているなぁ」という住まいに出会うことがありませんか?

実はこちら、塗料の種類によるものなのです。


外壁塗料には、ツヤ有り塗料とツヤ無し塗料に分類することができます。

今回はツヤ有り塗料をテーマにそのメリットやデメリットについて説明させていただこうと思います。




ツヤ有り塗料を使用した外壁塗装はぴかぴかの仕上がりになるのが大きな特徴です。また表面に汚れがつきにくく結果的に耐用年数が長いこともあげられます。


ツヤ有り塗料は上で述べたとおりぴかぴかの仕上がりになるメリットがある一方で、その仕上がり具合によっては派手に見えることがあるともいえます。たとえば和風のデザインの住宅に利用したときにデザイン的にミスマッチになることも考えられます。


またツヤは施工後に年数が経過するとともに少しずつなくなっていきます。3年ほど経過すればツヤはなくなるケースがほとんどです。


実際に外壁塗装を検討されている方はこれらのメリットデメリットをしっかりと把握した上で工事をスタートすることが大切です。

経験豊富な業者の担当者であればツヤ有り塗料の特徴をわかりやすく説明してくれると思いますので、直接質問してみるのもよいと思います!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

TEL:086-238-2790

http://total-painting.com/contact