エイジング塗装とは? あなただけの趣ある空間を作る特殊塗装

 


皆さんは「エイジング塗装」をご存知ですか?

実は、外壁や内装の塗装は、ピカピカにきれいにするだけではなく、長い年月を経たような深い味わいも塗装によって出すことができるのです。

ここでは、エイジング塗装とは何か、どんなものに向いているのかをご紹介します。




■エイジング塗装とは?



「エイジング」には年齢を重ねると言う意味があるのですが、その名前の通り、年を重ねたもののように見せる塗装のことを意味します。

エイジング塗装とは、経年変化をリアルに再現する塗装工法の一つです。


鉄が酸化したサビ風、木材を鉄骨に見せる金属風、陰影をつけて立体感ンを表現する凹凸風など様々な技法を取り入れています。


家具や小物にも多く用いられる塗装で、新品でありながら使い古した味わいをもたせているので、アンティークのような雰囲気がありとても人気があるんです。




■どんな素材でエイジング塗装ができるのか



エイジング塗装は木材で行われることが多いですが、どんな素材でもほとんど可能です。

木材であれば、あらゆる経年数の木材を再現できますし、コンクリート壁であればテーマパークにあるような石積みの壁を再現できます。

真っ白な漆喰を、中世ヨーロッパの街のような歴史情緒あふれる壁にすることも可能です!


同じ壁でも、塗装を変えれば全く雰囲気が変わります。岡山県で、エイジング塗装のようなデザインにこだわった塗装をお考えの方は、一度「Total Painting株式会社」にご相談ください。


<TOTAL PAINTINGの施工事例>

https://www.total-painting.com/showcase