どうしてペンキが粉になるの? チョーキング現象の原因を解説

 

外壁に「白い粉」が付くチョーキング現象。

外壁塗装の施工後時間が経たずにチョーキング現象が起こった場合は施工会社の不手際が考えられますので、原因についてはよく理解しておきましょう。今回はその原因についてご紹介します。



■チョーキング現象の原因とは



チョーキング現象の原因としては、ほとんどの場合太陽からの熱や紫外線、雨風の影響です。

塗料に含まれる顔料は本来粉末の為、日光や雨風で毎日のように刺激を受けていると劣化が進み、元の粉末状に戻るのです。


たいてい塗装後5年から10年程度で起こるのですが、明らかにそれより早いペースでチョーキング現象が発覚すれば、施工不良が考えられます。外壁塗装業者が手順通りに施工を行わなければ、チョーキング現象が起こるタイミングが早まります。以下にいくつか例を挙げます。


・高圧洗浄を基準に満たない洗浄機で行った場合

・適切な下地処理を行っていない場合

・適切な塗料を使用していない場合

・気温、湿度に合わせた適切な乾燥時間を取っていない場合


上記以外にも原因は考えられますので、異常な早さでチョーキング現象が発覚した場合は施工会社に確認してもらうようにしましょう。


また、チョーキングは外壁を守る塗膜が剥がれることでが起こるので、放置すると外壁の劣化につながります。発覚したら早めに対応するようにしましょう。


岡山県岡山市に拠点を置くTOTAL PAINTINGは塗装の専門店として、外装、内装、家具、ウッドデッキ等あらゆる塗装工事を承っております。直接ご依頼いただけますので余分なマージンも発生しません。塗装が必要か見てもらえる?といったご相談から受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。