紫外線と建物

紫外線は人体の皮膚に悪いと言われていますが、建物の外壁にも直接的に紫外線が当たることで劣化の原因となります。

建物の外壁部分は、晴れた日なら太陽が照り付けた状態になりますので、当然、外壁は紫外線を浴び続けているのです。


浴び続けていると外壁の素材が熱などで化学反応を起こし、それによって劣化に至る可能性が高まります。

具体的な症状としては、色褪せから始まり色がムラになっていき、色が変色したり、色自体が剥げていく流れになります。


それと同時にチョーキング現象が起こると、確実に外壁の劣化が進んでいるとみても良いです。

チョーキング現象とは、黒板に文字を書くときに使うチョークが存在しますが、そのチョークを黒板消しで消すと小さい粉が出てくるのと同じ症状のことを言います。


つまり外壁を手で触ると粉が手に付き、それによって劣化が進んでいることが理解できます。

このような外壁の劣化が進行した状態で放置しておけば、将来的にひび割れや歪みの原因にもなります。


またひび割れや歪みから雨水などが浸透していき、その水分からカビになったり、中の部分をさび付かせたりして、さらにもろくなってしまう恐れもあります。