サイディングの種類とは

 

こんにちは。


岡山県岡山市を拠点として店舗内塗装や家具塗装、

デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです!


サイディングとは、建物の外壁に用いられるボード状の建材のことです。

工場生産されているため品質も統一されており、高い施工性を維持しているのが特徴です。




素材別に分類すると、窯業系サイディングや合成樹脂系サイディングや金属系サイディングなどに分けられます。

窯業系サイディングとは、セメント質材料と繊維質材料と混和剤と水を混ぜて作られたものです。


これは、デザインや色が豊富で一般的な住宅の中で最も多く用いられている外壁材です。

硬質で密度が高いので耐火性や耐震性や遮音性などに優れています。

合成樹脂系サイディングとは、塩化ビニル樹脂を原料とした外壁材です。


北米では主流なもので弾力性や耐久性耐候性に優れており、長時間使用しても色落ちや劣化の心配がありません。

定期的な塗装のメンテナンスが不要です。


金属製サイディングとは、金属鋼板を成型して加工した外壁材であり、ガルバリウム鋼板やアルミニウム合金板やステンレス鋼板などがあります。


断熱性や防火性や防水性に優れており、軽量なので建物に負担がかからないのが特徴です。