家具塗装に使われる塗料の種類と気になる相場ご紹介します!

 


皆さんこんにちは。

岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。


家具塗装にはいくつか種類があって、主な塗装の種類は5種類ほどあります。それぞれ特徴やメリットに違いがあります。人それぞれ家具に対するニーズは違うので、自らのニーズにあった塗装を使われている家具を選ぶと良いですね。

そして家具塗装の相場は使用塗料・業者によって異なり、事前に見積りを取った上で依頼をする必要があります。実際、各業者サイトを見ても参考価格として掲載されていることが多く、下地処理を別途としているケースや税別となっているケースなど様々です。


そこで今回は、家具塗装に使われる塗料の種類や相場についてご紹介したいと思います。




■ウレタン塗装・ラッカー塗装


一般的に普及しているウレタン塗装は耐久性や耐熱性に優れていて、光沢のある仕上がりです。傷や汚れにも強いので多くの家具に使われている家具塗装です。この塗装を使うと光沢が出る特徴がありますが、光沢を出したくない時はつや消しのウレタン塗装を使います。ラッカー塗装はウレタンと同じように耐久性に優れていて、汚れにも強いですがウレタンほど光沢が出ないのが特徴です。




■オイルフィニッシュ・ポリエステル塗装



オイルフィニッシュは表面から油を浸透させて最後に余分な油を取り除く仕上げ方で、素材の質感を自然に仕上げ事ができます。その分ウレタンやラッカーと比べると傷や汚れには強くないです。ポリエステル塗装はガラスのような美しい艶が出るのが特徴で、高い温度や直射日光にも強いのがメリットです。デメリットとしては衝撃に弱いので物をぶつけたりすると傷がつきやすい点です。




■UV塗装


UV塗装はウルトラバイオレットの略称で紫外線から家具を守る働きがある家具塗装です。機能性としては衝撃にも強くて高温や直射日光にも強くて、見た目はウレタンよりも光沢感が出るのが特徴です。




■気になる家具塗装の相場は?



依頼では、要望に応じて上塗り(既存の塗装面の上に塗装)・塗り直し(剥離後塗装)・色や艶の変更・補修などから選ぶことができ、可能かどうかは業者が実物を見た上での判断になります。


仮に要望が難しい場合でも、適切なアドバイスを受けることで綺麗な状態に生まれ変わらせることが可能です!


参考までに、TOTAL PAINTINGで「ラッカー・2液ウレタン」を使用したダイニングチェア(3辺合計180㎝以下)、テーブル天板(W900xD900)・(W1,800xD900)を紹介します。


まず、上塗りクリア塗装はそれぞれ6,420円・13,000円から・26,000円からになり、上塗り着色・補修塗装ではそれぞれ8,960円から・16,300円から・32,600円からになります。


塗り直しでは15,720円から・22,400円から・44,800円からとなり、ダメージが大きい場合に最も適した方法です。


私たちTOTAL PAINTINGでは、家具塗装も得意とし、幅広く対応しております。

垢抜けたカルフォルニアスタイルからしっとりとしたシャビーシック、木目を活かしたビンテージ風、さらにはアジアンリゾート風、中国風、和風まで、あらゆるスタイルに対応しておりますので、「ちょっとインテリアを変えてみたい」という方も、お気軽にご相談ください!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

https://www.total-painting.com/contact