雨漏りを防ぐには?~雨漏りの原因を知ろう!~

 


皆さんこんにちは。

岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。


寝ている時に額の上に雨が降ってきて、夢かと思って目覚めてみると、雨漏りが発生していた…! なんていう経験はありませんか?


「雨漏り」といえば、このように直接的に雨粒がたれてくる雨漏りが多いのですが、それ以外でもぽたぽたと音がするのに雨がたれてきてない場合や、天井を見上げるとしみができている場合も立派な雨もりと言えるのです。


こうした雨漏りが発生している場合は、どのような原因でしょうか?




■雨漏りの間接的な原因


間接的な原因を探ると施工不良であることが多くなります。

本来くっついてる場所にすき間ができていたり、防水シートが短くて防水ができていない、あるいは最初から破けていた、という場合です。



新築住宅の場合であれば住宅瑕疵担保責任制度を利用することができます。

通常一戸建て住宅は新築で購入した場合、あるいは新築で建築した場合、建築業者は10年間の瑕疵担保責任を負わなければならないという決まりがあります。

これに基づいて建築業者は10年間、瑕疵担保責任を問われることになります。


このように、新築住宅を購入ないしは建築した場合でも、建築に不十分な場所や不手際があった場合は、修理を求めることが可能です。





■雨漏りの直接的な原因


一方で、雨漏りは原因究明が難しいものです。修理したつもりでも、その後も雨漏りに悩まされているケースも多々見受けられます。

果たして、これらの雨漏りの直接の原因となっているものは何でしょうか?


まずは、漆喰の崩れが考えられます。

漆喰は、屋根瓦の隙間から雨などが侵入しないように塗られていますが、経年化などにより、漆喰が劣化してしまい、防水効果が失われてしまうために、雨漏りが発生してしまいます。



次に、コーキングがはがれてしまうことが挙げられます。コーキングは、隙間を埋めたり、雨漏りの補修のためにも使われる汎用性の高い材料です。

それでも、コーキングが切れてしまうと、そこから雨水が侵入してきます。



さらに、谷樋の雨仕舞の不備が原因で、雨漏りが発生する場合があります。こちらは、施工不良などにより、谷樋がずれてしまうことで発生します。



上記で紹介したものの補修は、原因が特定できて小規模なものの場合は、ご自分で治すことも可能でしょう。

ですが、大規模な修繕の場合や、高所での作業になることを考えますと、やはり専門家にお願いしたほうがよいでしょう。




■やっかいな雨漏りは、専門家に調査を!


さらに困ったことに、雨漏りはじわじわと時間をかけて表面に現れます。

冬に雨漏りが発覚したものの、原因が台風による屋根の破損だった…なんてこともあります。

少しでも異変や気になることがあれば、早めの調査をおすすめします。



私たちTOTAL PAINTINGでは、住まいの外装のプロです。屋根や外壁の塗り替え工事だけでなく、雨漏りの修繕も得意としています。

「気がついたときは遅かった!」とならないためにも、ぜひお気軽にお問い合わせください!


***

<こちらの記事もおすすめ!>

防水工事って本当に必要なの?

http://total-painting.com/blog/9911


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

TEL:086-238-2790

http://total-painting.com/contact