外壁塗装はいつやる?おすすめの季節とは

 



こんにちは。

岡山県岡山市を拠点として店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


新築したマイホームも年数が経過すれば外壁の塗膜が剥がれたり、ひび割れが生じてきたりすることがあります。どの程度の年数でこのような劣化があるのかは、もともとの塗料の種類や品質によっても異なりますが、少なくとも新築から10年もすれば塗り替え時が到来したと考えるべきでしょう。


それでは外壁塗装に適した季節があるのかどうかですが、これは塗料の性質を考えておく必要があります。一般的な外壁塗装に使われている塗料は、極端に湿度が高すぎる場合、または温度が低すぎる場合には、うまく乾燥が進まずに仕上がりが不十分な結果になってしまうことがあるため、該当する季節は避けるのが無難です。


たとえば梅雨の季節は雨天が多くじめじめとしていますので、施工が難しい季節といえます。

同様に冬場の寒い季節も外壁塗装には向かないことがわかります。




こうして見ると、年間を通じていつ外壁塗装をすればよいかを考えた場合には、春や秋などの温度や湿度が比較的安定している季節がおすすめということになります。ただしこれは原則論ですので、極端な温度や湿度の変化がなければ、ほかの季節にはまったく施工ができないということではありません。


いずれにしても、外壁を定期的に塗り替えることで外観も新築同様にきれいになるほか、風雨から建物の本体を保護してくれる効果もありますので、早めに検討することがたいせつです。


わたしたち岡山県岡山市にある「TOTAL PAINTING株式会社」では一軒一軒のお客さまのお住まいの状態や、塗装後のご希望などをじっくりとお伺いした上でお客さまにピッタリ合ったご提案をすることをお約束いたします。


ぜひお気軽にお問い合わせ、ご相談ください!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

http://total-painting.com/contact