水性塗料と油性塗料の違いとは? それぞれの特徴とメリットについてまとめてみました

 



こんにちは。

岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。


今回は水性ペンキと油性ペンキの違いについてお伝えします。

自分で家具を塗り替える際にどっちを選べばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?

両方の特徴と違いについて簡単にみていきましょう。


水性塗料

・塗料の成分は水である


油性塗料

・塗料の成分は有機溶剤である


どちらの塗料も、水の蒸発または有機溶剤の揮発により塗料が沈着して色が残るというメカニズムは同じです。ペンキが乾いて膜として色素が残るのですね。


次にそれぞれのメリットについてみていきましょう。




水性塗料

・臭いが少ない

・保管がしやすい

・取り扱いがしやすい

・価格が低め

成分が水のために人にも環境に優しいと言えます。


油性塗料

・壁や金属面に塗装が乗りやすい

・塗料の密着性が強い

・光沢、乾燥時間、耐久性に優れている

耐久性と密着力が一番の魅力です。




いかがでしたか?

実際の現場では水性塗料と油性塗料は同じくらいで使われていますが、初心者には人体に優しく扱いやすい水性塗料がオススメでき、耐候性により時期や塗装する部分によっては油性塗料が適していると言えます。

それぞれの特徴とメリットを踏まえた上で、より向いている塗料を選択してみるといいでしょう。


なおTOTAL PAINTINGでは、現地調査とお客様のご要望を踏まえ、最適な塗料のご提案をさせていただいております。

塗装工事は決して安い買い物ではありません。返済計画やメンテナンスサイクルなども含め、長い目でみて暮らしに無理のない工事をおすすめしています。ぜひお気軽にご相談くださいませ!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

TEL:086-238-2790

http://total-painting.com/contact