雨漏りを防ぐには?~雨漏りの間接的な原因を知ろう!

 



こんにちは。

岡山県岡山市で外壁塗装や屋根塗装を行なっているTOTAL PAINTING株式会社です。


雨漏りはカビの原因となったり、家の内部が腐るなど、住宅の寿命を非常に短くしてしまう現象なので、発生してしまう前に上手に対処することが必要です。

雨漏りを防ぐ方法に関して一般的に広く行われている方法として、屋根の塗り替えを挙げることができ、実際に効果的に機能する方法として多く利用されています。

でも一体、雨漏りの原因として、どんなものが挙げられるのでしょうか? ひとつひとつ見ていきましょう。


例えば日本で一番シェアの多い薄型化粧スレート屋根(別名:コロニアル、カラーベストなど)の場合では、屋根材に飛来物などによって穴が開いてしまうこともあります。

目視で点検を行った場合でも、穴を確認することができた場合では、ダイレクトに雨漏りの原因になるので、早期に直すことが大切です。




次に棟板金の状態を見ることができます。

棟板金は、屋根の高い位置に必ず取り付けられている金属になります。

通常では釘打ちを行って施工しているものなのですが、台風や風の被害で剥がれてしまったり、浮いてしまっている状態であれば、その隙間から直接に雨水が入り込んでしまうことが多くあります。

この場合、修理やリフォームを専門に行う業者に相談する方法で、解決することは可能です。




さらに挙げられるのが、地震による影響です。

地震により、瓦や隙間を埋めるコーキングが、はがれ・ずれを起こす場合があり、それが原因で雨漏りが発生します。地震後から雨漏りが始まったなら、地震が原因となっていると考えられます。

地震保険に加入されているようなら、雨漏りの修理費用を保険でまかなえることがありますので、申請されることをおすすめします。


このほか台風や飛来物、地震などによる損傷によるものではなく、屋根材自体の経年劣化によっても雨漏りが発生します。

トタン屋根などがさびたり、塗装がはがれたり、薄型化粧スレート自体がぼろぼろになってしまうと、屋根の防水性が失われたり、隙間から雨水が侵入してきてしまうようになります。

このようなことを防ぐためには、屋根を含め、建物の定期的なメンテナンスが必要です。




雨漏りは、様々な要素で起こりますが、原因の特定が難しい場合がほとんどです。

「天井や壁にシミがある」「壁がカビ臭い」など、気になる部分があれば、ぜひTOTAL PAINTINGまでご相談ください。

地元で多数の塗装工事を手掛けてきた私たちが、その豊富な経験とノウハウで、最善の解決策をご提案させていただきます!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

TEL:086-238-2790

http://total-painting.com/contact