断熱塗料と遮熱塗料の違いって?

 


こんにちは。

岡山県岡山市を拠点として店舗内塗装や家具塗装、

デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


近年の屋根・外壁塗装用の塗料では、単に「塗り替え」「建物の保護」をするだけでなく、「防汚」「耐紫外線」といった機能面をアピールしているものも増えてきました。


その中でも屋根や外壁に塗布することで室内の温度環境を快適に保つことを狙った塗料として、「断熱塗料」と「遮熱塗料」があります。よく似た呼び方ですが、両者には屋内の熱変化を抑える仕組みに違いがあります。



断熱塗料は、その塗料成分が内部に熱を伝わりにくくする働きをすることで、室内の温度上昇を抑えます。

さらに、熱電導率が低いということで外の温度の影響を受けにくくなり、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができます。


対して遮熱塗料は、その成分である特殊顔料やセラミック成分が、太陽光を反射することで熱の上昇を抑えます。

そして、反射できず吸収した熱を放射させることによっても上昇を抑えます。つまり、夏場に活躍する塗料といえます。

熱の反射や放射を利用しているため、断熱塗料のような保温効果はありませんが、施工がしやすいため断熱塗料よりも安価で済む場合が比較的多いです。


一般的に両者にはこのような違いがありますが、中には両方の特性を併せ持った塗料もあります。

また塗る「色」によっても光の反射率は変わってきます。たとえば黒色より白色のほうがよく光を反射するので、機能性を謳っていない塗料でも遮熱効果があります。



断熱、遮熱などさまざまな機能の塗料がありますが、それぞれにメリット・デメリットがありますので、コストや耐久性なども含めて、よく内容を精査して選ぶと良いでしょう。


もし「うちに合う塗料は何だろう?」「こんな効果を狙いたいけど、コスト面でどうだろう?」など、少しでも疑問が出てきたら、迷わずTOTAL PAINTINGまでご相談ください。

数多くの手掛けてきた一級技能士、二級施工管理技士のプロの観点から、ご要望に合った適切な塗料をご提案いたします!