油性塗料と水性塗料はどう違うの?

 



こんにちは。

岡山県岡山市を拠点として店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


私たち塗装業者が外壁塗装に使う塗料には、アクリルやウレタン、シリコン、フッ素系塗料など素材によって異なる塗料がありますが、そこからさらに、それぞれ水性塗料と油性塗料とに分けることができます。


水性塗料は比較的安価で、さらに水性塗料は臭いがしないという特徴があることから、現在では水性塗料を用いる業者が多いようです。


油性塗料の臭いは、臭いが敏感な人にとっては頭痛を引き起こしたり喉をいためたりする恐れがありますが、水性塗料の場合は臭いがないですし、近年は塗料が進化して水性塗料であっても長い耐久性を持つ塗料もあります。




ただ油性塗料には水性塗料にない魅力があります。

油性塗料は耐久性に優れているため、美しい美観を長期間保つことができます。


油性塗料は外壁との密着性が高く、雨水や汚れが付着しにくいという特徴があります。

汚れが付着しないということは劣化速度が遅いということなので、外壁を守る期間が長いことにつながります。


油性塗料は臭いがきついですが、換気を整え、マスクを着用すればそれほど気になりません。

また建物の周囲を養生シートで覆ってしまいますので、ご近所さんへの配慮も問題ありません。

外壁塗装を何度も塗り替えるのは面倒だという方には、油性塗料がおすすめです。




TOTAL PAINTINGでは、ご家庭ごとのご意向やライフスタイルにあわせて、油性塗料/水性塗料のご提案が可能です。

塗装を長持ちさせたい、塗り替えサイクルを伸ばしたいとお考えの方は、どうぞお気軽にご相談ください!


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

086-238-2790

http://total-painting.com/contact