塗装のタイミングの見分け方

 



こんにちは。 岡山県岡山市を拠点に店舗内塗装や家具塗装、デザイン塗装などを行っております、TOTAL PAINTINGです。


現代の住宅で一番多く使われている壁材が「サイディング」です。

このサイディング、強い日差しや風雨に耐える優れた建材ではありますが、やはり寿命というものはあります。

この寿命を左右するのが、サイディングの表面を保護している塗膜、つまり塗装なのです。




外壁塗装の寿命はその施工の方法や家の立地条件により異なりますが、概ねその寿命は15年から20年程度と言われています。

しかし実際にその状態についていくつか確認する方法があるのをご存知でしょうか。

今回はその確認する方法をご紹介致します。


第一に、目で見て塗料が浮いたり、剥がれたりしている場合はまず間違いなく塗装が傷んでいる証拠です。




さらに、クラッキングと言われる、ひび割れが起きている場合にはそのひび割れから雨水などが家の内部に入り込み、家の内部を浸食する危険があるため、出来るだけ早い補修が必要となります。




この状態で放っておくと家自身の寿命に影響を及ぼす危険性もあります。

また、見た目には塗料の傷みやひび割れなどが無くても、表面を触ると白い粉が付着するといういわゆるチョーキングと呼ばれる現象も外壁塗装の交換時期を示すサインです。




この状態では既に塗装が劣化し塗料が浮いたり、剥がれたりする前の予兆と言われていますので、早急に外壁塗装工事を行うのがよいでしょう。


<TOTAL PAINTINGへのご相談窓口>

TEL:086-238-2790

http://total-painting.com/contact