デザイン塗装ならサイディングがおすすめな理由とは?

住宅を建てる際には外観を気にする方が非常に多く、特に外壁は面積が広い場所になるので素材選びは重要です。

外壁については基本的にはどのような素材を使ったとしても、後に外壁塗装を必要とする場所になるので、後々のことを十分に考えてから資材選びを行うことも良い方法です。


外壁塗装の中にはデザイン塗装というものがあり、単色で塗りつぶしてしまう方法ではなく、デザインを施して高級感を演出できる塗装方法になります。

この塗装方法で施工することを意識している人ならば、外壁に使う資材ではサイディングを選択すると非常に便利です。


モルタルの場合では表面に凹凸が出来てしまっているので、デザイン塗装にには不向きと判断できます。

塗り壁の場合でも下地に模様が入っているタイプの場合では消すことが困難になり、木質系の場合でも同じように木材の質感が表面に出てしまうのでデザイン塗装にには向いていないと判断することが一般的です。


サイディングの場合では継ぎ目などが少なく、表面はなだらかに施されており、何度も塗装を行うことを可能にしている資材になるのでデザイン塗装には向いています。


金属製や樹脂製、窯業製などサイディングでも様々な素材のものが提供されていますが、基本はどのようなタイプであっても、比較的簡単にデザイン塗装を行うことができ、そのバリエーションを自由に選択できる点にもおすすめの理由があります。