防水工事の中でも多い、ウレタン塗膜防水の特徴とは

建築物には雨や生活用水から守るためには、防水工事を行うことが欠かせません。

強固に見えるコンクリートも何らかの原因でヒビが入ることもあり、そこから雨水が浸入すると腐食が進むので建物全体を劣化させてしまいます。


そのため適切な防水工事を施すことは、建物の寿命を延ばして快適な生活環境を手に入れることにも繋がります。


防水工事には、ウレタン塗膜防水・アスファルト防水・シート防水といった種類があります。

その中でもウレタン塗膜防水は最もメジャーな工法です。液状のウレタン樹脂を下地として塗布して硬化させ、防水層を形成させる工法になります。


継ぎ目のない防水層を築くことができるので、継ぎ目から雨水が浸入するリスクを無くすことができます。


また、ウレタン塗膜防水には、重ね塗りができるというメリットもあります。

既存の防水層を剥がす必要がなく、その上から塗り重ねることができます。


液状になっているので、複雑な部分の施工にも向いています。

ただし、塗布した樹脂が硬化するまで一定の時間が必要になります。


それからウレタン塗膜防水は、様々な種類が豊富に揃っています。

遮熱性の高いものもありますし、耐久性に優れて通常よりも塗り替えに必要な年数が長くなるものもあります。

環境を考えたタイプで、臭いが軽減されているものも販売されています。