家の防水工事の種類とその特徴とは?

家の防水工事にも、いくつかの種類があります。

その種類を理解することで、リフォームを円滑に依頼できるようになります。


防水工事が必要な箇所には、ベランダや一部の屋根があります。


アスファルト防水やシート防水をした場所は、一定年限の経過と共に劣化します。

劣化を放置すると雨漏りが生じるので、早めのリフォームが望まれます。


屋根や外壁にもルーフィングが張られています。

屋根や外壁の仕上げ材を取り替える場合に、ルーフィングの交換をしておくと便利です。


家で雨漏りがしやすい場所は、屋根やバルコニーの部分です。

外部で平らな部分は雨水が溜まりやすく、防水工事は不可欠です。

アスファルト防水はビルの屋上に用いられる信頼性の高い工法です。


住宅では本格的なアスファルト防水は行わず、ルーフィングの敷設に留めます。

住宅で広く用いられているのがシート防水です。


バルコニーの床などは、この工法により長期間の防水が可能です。

シート防水にもいくつかの種類があり、一般に高額なものほど性能が良くなります。


防水工事を円滑に行うためには、全体的な施工が必要です。

一部でも雨漏りが生じた場合は、その付近の防水も劣化していることが推測できます。


一部でも雨漏りが生じた場合は、付近も含めた全体の防水をリフォームすることが望まれます。

早めの施工により、家から雨漏りをなくすことが可能です。