トタンの屋根塗装をする時に知っておきたいポイント

屋根には様々な素材がありますが、そのうちの1つがトタンです。トタン屋根は紫外線や雨水にさらされることで劣化がしやすいですから、強度と美観を保つためにも定期的な塗装が必要になります。


トタンには塗料が塗られていますが、劣化が進むことで塗料や塗膜がはがれやすくなり色褪せて粉っぽくなったり、そこに雨水が入り込むことでサビが発生してしまいます。


しかし屋根塗装をすることで劣化を遅らせて、見た目も美しさを取り戻すことができます。


トタンの屋根塗装をするときのポイントとして、すぐに塗料を塗るのではなく下地処理をすることが大事です。屋根には長年蓄積された汚れやカビ、サビがこびりついています。そのままの状態で塗料を塗っても、密着度が弱くなって塗料がすぐに剥がれてしまいます。


そこで汚れやサビを落とすために、手作業で取り除いていくことが重要なポイントになります。ブラシやペイントうすめ液を使用して、目立つところだけでなく凹凸のある部分までしっかり取り除きます。汚れが取り除かれると、屋根の状態がはっきり確認できるようになります。


そしてひび割れが見つかったり、隙間が見つかったら、コーキング剤やシーリング剤を使用して埋めていきます。

隙間があったら雨漏りの原因になるので補修漏れがないようにする必要があります。


トタンは光沢がなくなってきたら屋根塗装をする目安になりますから、劣化が進んでいないかを定期的に確認しましょう。