屋根塗装の際に必要な足場費用の相場とは?

住宅の屋根は太陽の紫外線が直接当たりやすい部分、紫外線により屋根は日々劣化してしまう、劣化したままにしておくとひび割れてしまうなどで雨漏りの原因にも繋がります。

一般的に、家の屋根は8年サイクルで屋根塗装を行うことが推奨されており、塗装リフォームを行うことは屋根の耐久性を新築時と同じ状態に戻すことに繋がって来ます。


屋根塗装のコストは、大きく分けると足場の設置、屋根のメンテナンス、職人さんへの報酬、そして塗料代などになります。

屋根のメンテナンスは状態に応じて変わりますし、職人さんへの報酬についても業者間で差があるなどからも、相見積もりを行っておくことがお勧めです。


さらに、足場は無料で設置するものではなく、見積もり中には足場の設置費用の項目が明記してあり、費用が発生する部分です。

この代金も業者間で差があるので見積もりを依頼して相場を把握しておくことが大切です。


塗装業者の中には足場を下請け業者に依頼を行うケースもあります。

これは分離発注と呼ぶもので、中間マージンが発生することからも費用としては割高になることも少なくありません。


屋根塗装を行う時のポイントには、自社ですべてを完結しているなどの、業者を選ぶことで費用を抑える効果に繋がって来ます。

見積もりを依頼した時に、足場の費用が相場よりも高い場合には分離発注の可能性もあるので、他の業者を利用することで屋根塗装のコストを抑えることが可能です。