外壁塗装をするなら知っておきたい!シリコン塗装の特徴とは

外壁塗装をするなら知っておくと良い、シリコン塗装の特徴は、主成分に合成樹脂がシリコン系樹脂で作られた塗料をことです。

シリコン樹脂とケイ素を核にしてシロキサン結合を持った無機化合物で、安定した性質もあり、スタンダードな普及品で、定番としてよく使われます。特に、外装塗装に需要があり、官公庁の工事の外壁塗装にも採用されています。


アクリル・ウレタン塗装と比べても1.5倍長持ちして、耐久年数は8~15年と長いです。

紫外線にも強く、紫外線に影響を受けやすい外装塗装には適しています。

撥水性もあり、キレイに汚れを弾く性質で、雨・泥・誇りに強く、長期間、塗膜を保護してくれて、ツヤのある仕上がりの為に、光沢保持率も高いです。


600℃にも耐えられる耐熱性能に優れていて、暑い地域でも安心して使えます。

種類も多く水性1液型・溶剤液1液型の油性・溶剤系2液型の油性の3種類があり、主に水性1液型が使われることが多くありますが、好みに合わせて選べるのも魅力の1つです。


もちろん何にでも万能なわけではなく、付着性が劣るので慣れていなかったり、取り扱いが難しくDIYにはあまり向きません。

撥水性が高い分、重ね塗りにも不向きなので、アクリル・ウレタン塗装に比べて高価です。

種類によっては、低級年数に差が出て今いますので、取り扱う場合には知識のある人にお願いすることをお勧めします。