今、外壁塗装で人気なのは何色?ご紹介します

初めてマイホームを新築したり外壁の塗りなおしをする場合、どんな色にするかは大きな悩みのひとつです。外壁は家のイメージを決定付ける大切な要素ですし、周囲の家や建物との調和も気にかけたいところです。


それでいて隣近所の家とかぶってしまう色は避けたいという気持ちもあり、選択はなかなか難しい問題です。

最終的に決めるのは本人ですが、その前に現在はどんな色の外壁塗装が人気となっているかを見てみましょう。


ひと昔前まではモノトーン系の外壁が好まれていましたが、近年はベージュ系やクリーム系といったナチュラルな色合いが人気です。ただしベージュ、クリーム系といっても彩度や色相、明度によって様々な選択肢があり、選ぶのも一苦労です。


また屋根の色やドアの色とのマッチングも重要で、家全体をコーディネートするつもりで色を選ぶ必要があります。近年はブロークンホワイト、ライトクリーム、ニュートラルホワイトなど白を基調にした明るく柔らかい印象の外壁に人気が集まっています。


そのほかではモカ、ビッドビスケット、ベージュといったややダーク系の色も好まれていて、こちらは落ち着いたイメージです。また近年の特徴として家全体を1色または同系統の色でまとめるのではなく、ポイント的に濃い色を入れて家全体をスタイリッシュに仕上げる手法が流行っています。