外壁塗装の工程大公開!気軽にできる家の修理!

今回のお話は「外壁塗装の手順」についてです。

外壁塗装をいうと「何やら難しそうな工事」を想像するという声をよくお聞きします。

そのイメージが原因で、外壁塗装をあまり検討していない方もおられるのではないでしょうか?

そのような方のために今回はあまり知られていない「外壁塗装の手順」について簡単にご説明いたします。

大きく分けて3つの工程に分かれます。


1つ目は「準備」の段階です。

この段階では「足場」と呼ばれる作業するための土台を組み、塗装する壁を洗浄します。

洗浄は外壁に長い間ついているカビやほこりなど全て洗い流して綺麗な状態にします。


2つ目は「下処理」の段階です。

ここでいきなり塗装に入ることはできません。

塗装前に下地(外壁本体)の補修を行います。

多くの場合下地がかなり傷んでいるからです。

この下地補修によって塗装の出来が大きく左右されるので入念に行います。


3つ目は「塗装」の段階です。まずは塗装する場所以外の部分をカバーで多い、塗装に取り掛かります。

この塗装もいくつかの工程に分かれているのですが今回は省略いたします。

最新の技術と塗料を用いて何度も丁寧に塗り上げていきます。


この3つが大まかな外壁塗装の工程です。この記事で皆さんの理解が少しでも深まれば幸いです。