外壁塗装のタイミングはいつ? 外壁における劣化のサインとは!!

家を建ててから時間がたつと、外壁は自然に劣化してしまいます。

外壁は雨や雪、風、紫外線など様々な外的刺激から家を守ってくれる役割を担っています。

外壁が劣化していると家全体も傷みやすくなるので、定期的にメンテナンスを行うことが欠かせません。

特に日本は高温多湿の環境になるので、外壁は厳しい環境にさらされ続けています。


では、外壁塗装を施すタイミングはいつなのでしょうか。

一般的には住宅を建ててから10年が目安になると言われていますが、自然環境は地域によっても異なりますし、使用している建材などにも差があります。


外壁が劣化しているサインになるのは、まず光沢の低下が挙げられます。

外壁の色が褪せてしまったり、光沢がなくなったと感じた際には外壁の劣化が始まっていると考えられます。


それから外壁の塗膜の剥離もあります。

塗膜が剥がれてきてしまったり、塗膜が膨らんでいるように感じたら外壁が劣化しているサインです。

塗膜が剥がれてしまうと家の内部に水が浸入しやすくなるので、早めの対処を行う必要があります。


そして、外壁基材の露出も外壁劣化のサインです。

外壁基材が露出した状態だと劣化が進んでいるので、早めに外壁塗装を施さなければなりません。

劣化しているのは一部分だけでも、そこから劣化が進行して内部が腐食してしまうこともあります。