外壁塗装をする理由!! 外壁の性能を維持しましょう!!

外壁にひびが入っていたりサイディングの目地が割れていたりするところがある、外壁の表面がカビやコケで色が変わっているところがある…など建物の外側に気になる部分はありませんか?

吹き付ける風や雨、照りつける太陽の紫外線などに年中晒されている建物の外壁は、どうしても経年で劣化するものです。


気になりつつも放置していると水が浸入する事態になることもあり、そうすると構造体を傷め建物の寿命を縮めてしまうことにもなりかねません。


浸水や剥がれ・錆びなどのはっきりとした症状が出る前に、塗り替えをおこなって外壁の性能を維持するのが理想的ですが、外壁の表面に異常があると気づいているなら、それ以上悪化させ水が浸入するようになる前に塗り替えをすることをおすすめします。

状態が悪くなるほど補修にかかる費用や時間も多くなってしまうからです。


水が浸入するようなヒビや割れ目・壁の剥がれなどがなく、一見キレイなようでも、外壁が経年で劣化すると外壁の表面に白い粉が浮きあがり、それに触れると手に粉が付くチョーキングという症状がおこります。またカビやコケが生えているのは、湿気が多い場所であることを示しています。


これらに気づいたら定期的にメンテナンスをおこなうことで、外壁の性能が維持され大事なお客様の建物を長く大切に使うことができるでしょう。