外壁塗装の失敗を知ることであなたの塗装に活かそう!

外壁は風雨に常にさらされて、砂ぼこりや大気中の汚染物質が付着しやすいので、新築であっても時間と共に劣化が進んでしまいます。

外壁に汚れが目立つようになったり、ひび割れや塗料の剥げが見えるようになったら、外壁塗装を行って補修をすれば、家の耐久性や強度を高めることができます。


外壁塗装を自分で塗装することができますが、二階建ての場合は高いところを塗装するとなると足場を組まなければなりません。

そうなると素人では難しいので、専門業者に頼むほうが安心です。

専門業者を依頼するときは、複数の業者から見積もりを請求して、内訳がはっきりしているか、相場とかけ離れていないかを確認することが必要です。


人柄で塗装業者を決めたり、近所に頼むのはダメで、冷静に見積もりを確認してこれまでの塗装実績があるかを判断することが大事です。

実績がない業者に頼んでしまうと、仕上がりが美しくなかったり、少し時間がたったたけで塗装が剥がれてしまうということが起きてしまう場合があります。


地元密着の業者であったり、実店舗を構えている業者の場合は、工事が終わった後に気になることがあってもすぐに相談することができ、アフターサポートも万全なところが多いでしょう。