あなたが意外と知らない防水塗装のアレコレについて解説

防水塗装は屋根や外壁などの場所に施す工事で、主に屋根や外壁などに塗料を塗ることで行うことが多いです。

なお新築時には塗料を塗って塗装を行っていきますが、塗料は一度塗っても長期間経過すると太陽光に含まれる紫外線によって劣化してしまい、それによって剥がれ落ちていきます。


剥がれ落ちてしまうと今まで被膜を形成して、外壁や屋根の材質を保護していた状態だったのが、それが剥き出しになり、いずれはそれも劣化していき、最終的にはひび割れや腐食をもたらし雨漏りなどの原因となります。


そこで塗料が剥がれる等の異常が見えたらすぐにするべきことは、防水塗装の修繕工事です。

実際に防水塗装を行う上では剥がれた箇所を重点的に行うだけで済みますので、高所作業の場合には足場を組む必要もありますが、塗装会社によっては1か月以内にできることも多くなります。


塗装会社に依頼すれば、スケジュールを決めて即座に行って貰うことができます。

なお塗装をして貰った場合の保証期間については、5年以上保証されるのが一般的ですが、塗装会社によって保証期間はまちまちになるケースも多いです。


そのため塗装工事は異常が見えたらすぐにするべきですが、事前の打ち合わせで保証期間を念入りに確認を行うことが重要となり、疑問点があればその場で確認しておくことがおすすめとなります。