よい屋根塗装とは何か基準を知っておこう

新築分譲住宅を購入したり、注文住宅を建てて約十年を経過すると外壁や屋根塗装の塗り替え目安時期になります。

屋根塗装や外壁塗装は普段気にする事があまりなく、気が付いた時にはかなり腐食が進んだり防水性を失っているケースが多く早めの対策が必要になります。


塗り替えが必要な屋根材はカラーベスト、板金屋根などで、錆が目立ったら塗り替え時期です。

カラーベストは錆びる事はないため、色あせが目立ち始めたら塗り替え時期になります。

外壁はサイディング、モルタルのどちらもチョーキング現象を起こしたり、色あせが酷くなってくると防水性は失われています。


防水性が失われた外壁や屋根をそのまま放置しておくと屋根や壁に水分を含むようになり、酷い場合雨漏りの原因となります。


雨漏りしてしまうと家の寿命が短くなってしまうので、雨漏りし始める前に点検したり、地元のリフォーム会社や塗装会社2,3個に連絡を取って見積もりを依頼し、しっかりと見積内容の説明を受け信頼のおける業者に頼むのがよいです。


地元の業者に依頼する事で手抜き工事や高額請求を避けられ、アフターメンテナンスも受けることが出来ます。安心の業者を選ぶ事で家の寿命が延び、長く住み続ける事が出来ます。