屋根塗装の縁切りって何?知らない方はチェック!

屋根を塗装する場合、縁切りという作業が必要になります。

ただ縁切りって何?と実は知られていないことが多いものの、縁切りをしっかり行わなければ屋根の腐食が早くなったり、屋根の間に雨水がしみ込んで雨漏りをする原因になります。


縁切りとは、スレート屋根を塗装した後に、屋根と屋根の間にカッターを入れて塗料が隙間を防いでしまうのを防ぐ作業です。

スレート屋根は重なっている部分が多いため手作業でカッターを入れていくとなるとかなり重労働だといえます。


そのためさいきんではカッターで縁切りをするのではなく、タスペーサーという専用の器具を屋根の重なり部分にはめ込むという方法も多くなっています。

縁切りのタイミングは塗料を塗り終わって後、塗膜が乾いた状態の時に行います。


塗料が乾いていない状態で縁切りをすると再び隙間に塗料が挟まってしまう可能性があります。

また塗料が完全に乾いた状態で行うと隙間に塗料がふさがってしまうので、カッターやタスペーサーとい器具が入れにくくなってしまいます。


縁切り作業は全ての家に必要?というと、そうではなく、スレート瓦の屋根に必要だとされています。

セメント瓦や日本瓦、銅板瓦などでは必要がありませんが、スレート瓦野場合はスレート屋根材の間に塗料が入り込みやすいので縁切りが必要になります。