屋根塗装の縁切りについてもっと知りたい方はようこそ

屋根塗装を行うとき、スレート瓦やスレート素材の屋根を使っているのであれば縁切りという作業が必要になります。


縁切り作業をしないとリスクがあるとされていて、具体的には屋根が重なり合った部分に水分がたまってしまったり、隙間から雨水が入り込んで、屋根の下にしいているシートを腐食させてしまいます。

シートが腐食すると屋根材そのものがくさったり、部屋の内部にまで雨漏りを引き起こすことになります。


縁切りに必要な道具は、塗装職人が使用をしているカッターで、市販されているカッターとは名前が同じですが形状が違うものです。

そのカッターを屋根塗装を行って塗膜が乾いた状態の時に、屋根と屋根の隙間に入れて縁切りをします。

1つずつ手作業で行うため、業者に任せるのが安心だといえます。


またカッターの他に、タスペーサーという専用の器具を屋根と屋根の隙間に入れる方法があります。

カッターで手作業で全ての作業を行うよりも、器具をつけるほうが時間を短縮することができることから、タスペーサーを用いることが少しずつ増えています。


縁切りをすることによって、塗料が屋根材の隙間にはさまってしまうことを防ぎ、屋根の劣化を防ぐことにつながります。