外壁塗装では済まないかも…外壁材の寿命をご存知ですか?

あなたの大切なマイホーム、買って終わりではないとご存知ですか?

建物は、建てた後にもメンテナンスが必要です。特に、風雨や直射日光に晒され続ける外壁は劣化しやすいんです。


そこで、外壁の状態からわかる外壁の寿命についてご紹介します。

外壁症状を放っておくと、最悪の場合補修工事が必要となり巨額の費用が発生します。そうならないために、必ずチェックしてください。


■外壁の劣化症状

外壁は、外壁材がむき出しになっているわけではなく、その上に塗装が施されています。

外壁劣化の初期症状は、その塗料が経年劣化により効力を失った状態だといえるでしょう。


外壁にツヤがある場合、塗料の効果がまだ持続しているため心配ありません。

しかし、変色する・ツヤが失われる・チョーキング現象が出る・カビなどが生えるといった症状が現れて来たら再塗装の必要があります。


この時点ではまだ重度症状とは言えませんが、放置すると外壁のひび割れや剥がれ・膨れに至り、再塗装では間に合わないなんてケースもあります。

高額の補修費が発生してしまう前に、早めに対処するのがおすすめです。


■塗料から見る外壁の寿命

あなたのマイホームの外壁の寿命、つまりメンテナンスが必要になる経過年数は、使用している塗料に左右されます。

塗料の種類やメーカーによって塗料の耐用年数は異なるため、使用されているものを確認してください。


寿命が来る適切なタイミングで再塗装しなければ、あなたのマイホームの内部まで悪影響が及びます。

まずは、いまの外壁の状態をチェックしてみてください!