外壁塗装を依頼する前に知って起きたいトラブルの事例

外壁塗装を依頼するときにも注意すべき点はいくつか存在します。

注意点を知らずに安易に外壁塗装業者に塗装を依頼すると後々トラブルに発展することになります。


トラブルに発展するとせっかく高い金額を出して外壁塗装を依頼しているのになんだか納得いきませんね。

そこで今回は「よくあるトラブルと、トラブルを未然に防ぐ方法」をご紹介します!


【よくあるトラブル】

よくあるトラブルの一つとして、「見本帳で選んだ色と実際に完成した色が違った」という事例です。

これは、色の面積効果という建築用語が関係しているのですが、色を塗る面積が大きくなるにつれて色は鮮やかに見えます。


そのため実際に見ると薄く感じてしまうことにつながります。

このトラブルを防ぐ方法は、「試し塗りをしたり、カラーシミュレーションをしたりすること」です。

完成後のイメージを鮮明に持てるようになると失敗しないでしょう。


また「塗装がすぐに剥がれた」事例です。一般的には塗装してから数年間は綺麗な状態を維持できますが、安い金額の業者に依頼すると1年以内に塗装が剥がれるケースもありますので、業者選びを値段で決めないことでこのトラブルを未然に防ぎましょう。


以上のように、トラブルに巻き込まれないように事前準備をしっかりと行うように心がけましょう!