屋根の塗装って必要?メリットとタイミンングをご紹介!

「屋根って塗装する必要あるの?」

「屋根を塗装するタイミングっていつ?」

といった、屋根を塗装するタイミングがよくわからない人も多いと思います。

実は屋根は紫外線や雨風にさらされているため年月が経過するごとに痛んでいます。


そこで今回は、「いつ塗装するのか」「塗装するとどんなメリットがあるのか」についてご紹介していきます。


【屋根をいつ塗装するのか?】

屋根を塗装する時期は一般的にスレーとで約10年、トタンで約58年と言われています。

しかし、これらの時期は直射日光や風通り、湿度などの気象環境や、屋根の形・勾配、屋根の施工状態によって左右されることを覚えておきましょう。


【屋根を塗装するメリット】

将来雨漏りをする可能性を防止する。

また、屋根に使われている材料を保護する役割があり、スレートや金属部分の腐食を防止し、トタン屋根であれば錆を防止する役割があります。

遮熱性や断熱性があるため、夏は気温が上昇しすぎることを防止し、冬は熱を保温するといったメリットがあります。


屋根を塗装することによって家の寿命が長くなると同時に塗装しない場合と比べて遮熱性・断熱性といった家の中で快適に暮らせるようなメリットがあります。

塗装のツヤがなくなっていたり、色が薄くなっていたりしたら屋根の塗装を検討してみてください。