外壁塗装のチョーキング現象について知っていますか?

外壁塗装のタイミングでチョーキング現象という名前をご存知でしょうか。

このチョーキング現象というものが発生してくることが外壁塗装業者に塗り替えを依頼するタイミングの一つのパターンであると言われていますが、チョーキング現象とはどのようなものでどのような原因で発生するのでしょうか。


今回はチョーキング現象についてご紹介していきたいとお思います。


【チョーキング現象とは?】

チョーキング現象とは、外壁を触ると外壁の色の粉が手に付着する現象のことを言います。

では、いったいなぜチョーキング現象が起こるのでしょうか?


まず、外壁塗装を行う際には塗料を使って塗装をします。

この塗料は壁に塗った後に乾燥させる必要があります。

塗料を乾燥させると塗膜というものが発生し、外壁を保護する役割があります。


この塗膜が紫外線や雨風によって時間の経過とともに劣化して粉になることによって発生します。

チョーキング現象が発生しているかを確認する方法は、実際に手で外壁を触って見て白くなっているか確かめたり、外壁を水で濡らして変色するかどうかを見たりして確認します。


チョーキング現象はうっすらと手につく程度なら問題はありませんが、触ったところが真っ白になるようであれば外壁塗装を依頼するタイミングなので、自分の家がどの程度なのかを確認してみることをオススメします。