外壁塗装には適していない時期があることを知っていますか?

「外壁塗装を依頼したいけど季節って重要?」

外壁塗装の塗り替えを考えているけど外壁塗装をするのに適した時期と適していない時期が存在するのか、それとも外壁塗装は年中的下敷きであるのか知りたいと思っている方もいらっしゃることと思います。

簡単にいうと外壁塗装に適していない時期はあります。


せっかくだったら塗装に適している時期に塗装してもらいたいという方のために「外壁塗装に適していない時期はいつなのか」についてご紹介していきたいと思います。



【外壁塗装に適していない時期とは?】

外壁塗装に必要なものは塗料です。この塗料は水に弱いので雨季である6月から7月ごろまでは外壁塗装に適していない時期と言えます。

塗料は塗装した後に必ず乾燥させる必要があります。


雨季の場合は雨が多いため乾燥までに時間がかかりますし、塗装した部分が乾燥する前に水に濡れてしまうと台無しになってしまいます。

とは言っても6月7月でも雨の日をうまく避けることができれば塗装を行えます。

また、この時期は夏前の比較的気温が高い時期であるため塗料が乾燥しやすい時期であると言えます。


塗装をする際に重要なことは雨季を避けることです。

天気が安定している時期に外壁塗装を依頼するとスムーズに塗装を進行できるので塗装は乾季に依頼してみてはいかがでしょうか。