ひび割れがあるときの塗装の注意点

外壁は時間が経つとどうしても劣化が進んでいき光沢が失われつつ同時に脆くなることで、密着力などもなくなっていきます。

そしてひび割れの原因が起こりやすくなってしまいます。


ひび割れが起こると雨水などの侵入する入り口になってしまい非常に危険です。

ひび割れが大きくなるほど被害も大きくなっていき、補修費だけでなく、時間もかかるので注意が必要です。


そんなひび割れの塗装の補修する時の注意点は、単に埋めるだけでコーティング、下塗りだけでは再度ひび割れが起こる可能性があります。

出来るだけ自分の目でも確認し、しっかりと下地処理を行って工事を進めて貰うことが重要です。

塗装が終わった際も出来上がりがちゃんとなっているのか最後まで自分の目で確認しましょう。


岡山県全域の塗装リフォームから家具の塗装まで幅広く行っているTOTAL PAINTINGでは、丁寧な塗装を行っていますのでお客様も安心して任せて頂けると思いますので是非ご利用ください。

まずは、ご質問からでも受け付けていますので、お問い合わせフォームよりお気軽にお尋ね頂ければと思います。