塗装工事費用の賢い節約方法を知りたい!!

外壁塗装に利用する塗料には、グレードの低い順にアクリル系塗料、ウレタン系塗料、シリコン系塗料、フッ素樹脂塗料などの一般塗料、光触媒塗料や遮熱塗料などの機能性塗料があります。


アクリル系塗料は価格が安い反面、耐用年数が短く、フッ素樹脂塗料は価格が高いものの、耐用年数が長く、住宅の環境に応じて18年から20年の耐久性を持ちます。


そのため、アクリル系塗料の価格が安いと言っても、頻繁に塗り替えを行えば費用はその都度掛かる事になるので、フッ素樹脂塗料を使って長期間外壁塗装リフォームを行わずに維持する方法もあります。


アクリル系塗料の場合は、耐久性としては4年前後になるため、フッ素樹脂塗料を使って塗り替えをした時と比較すると、4~5回の塗装工事が必要になるわけです。


尚、外壁リフォームを行う時には足場を組んで作業を行う事になりますが、足場の設置は屋根塗装を行う時にも必要になります。


足場の設置費用は決して安いものではありませんので、外壁だけでなく屋根も併せて行えば足場のコストを1回分節約出来るメリットもありますし、まとめて行っておけば家の耐久性を維持出来るメリットもあるわけです。