季節と外壁塗装の相性について

住宅の外壁塗装を行う時の流れは、足場を設置した後、養生を張ります。

養生は目隠しを行う作業ですが、養生を張る目的は塗料が周辺住宅に飛び散らないようにする、高圧洗浄を行う時に水しぶきが飛ばないようにするなどがあります。


養生を行った後は、住宅の外壁の汚れを高圧洗浄機を使ってクリーニングを行い、劣化している部分の下地を調整する、錆びついている部分は錆をきれいに落とす、サイディングの繋ぎ目に使われているコーキングをメンテナンスするなどの下地調整が行われます。


ここまでの作業は小雨の場合でも行う事は可能ですが、塗装を行う段階になると天気により工事が延期になるケースもあります。


外壁塗装は雨が比較的少ない季節に行う事で、工事が先延ばしにならずに済むなどのメリットがありますし、塗料を塗った後は乾燥させて重ね塗りを行うので、乾燥している季節に行えば作業効率も高くなります。


また、外壁塗装を行う時、窓ガラスにはマスキングを施す事になります。

マスキングは窓ガラスなどに塗料が飛び散らないようにするためのもので、工事中は窓の開け閉めが出来なくなるので、空気の入れ替えが少ない季節を選ぶと良いでしょう。