家の塗装を塗り変えるタイミングはいつがいいの?

真新しい塗装は、家の外見を一変させてくれます。たとえ古い建物であっても見違えるようになりますので、定期的に実施したいものです。

もちろん見た目だけではなく、機能性の向上という点でも、極めて重要になります。それだけに塗り替えのタイミングを見極めることは、極めて重要です。


まず、一見して毀損が見られるようでは、早めに塗装したほうがいいでしょう。ひび割れがあったり、カビや苔が浮き出ていると、やがて建材の奥深くにまでダメージが届いてしまいます。

一刻も早く、塗膜により紫外線や風雨から保護するべきです。無事なようでも、触ってみると違いが分かります。

壁の粉が手につくのであれば、塗り替えのタイミングが来たと判断していきましょう。


壁の塗装は、徐々に損なわれていく消費財に他なりません。

環境による差はあれど、10年に一度は塗り替えを検討することが求められます。

こうしたタイミングを逃さず、実績のある専門店に任せることが賢明なオーナーの態度です。

住まいを長持ちさせ資産価値を維持するためにも、外壁の塗装を定期的に施していきましょう。