外壁塗装はやるべき?防水が必要な理由

家というのは長年住んでいるうちには修理などが必要になってくる箇所が出てくるものです。

設備機器が古くなって不具合が生じてきたり、床や壁が汚れたり傷ついてしまったりすることで、取り替えたり塗装をし直したりといったメンテナンスは欠かすことができません。


家の外観の印象に大きな影響を与える外壁塗装も、年数が経過すれば劣化が生じて、様々な外的な刺激から家の躯体部分を守るという大切な役割を果たせなくなってしまいます。


外壁塗装に使用する塗料の種類によっても耐久年数は変わってくるし、家の建っている場所の気象条件や日照時間などでも劣化の速度が速くなるか遅くなるかが変わってきます。


それでもたとえ年数は比較的長期間が良い塗装状態をキープできるとしても、いずれは外壁塗装をし直さなければならない時期はどの家にも訪れます。


外壁塗装は家の外観の印象を美しく保つために行うものというイメージを持たれがちですが、もちろん外観への影響は大きいのは確かだとしても最も大切なことは家の内部に雨が侵入するのを予防することです。


家の外観をきれいに保つことだけが目的だと勘違いしてしまうと、特に暮らしていくうえでは不都合を感じることがなければ外壁塗装工事のタイミングをずるずると後回しにしてしまいがちになります。


でも、塗装が劣化している状態を放置して年月が経過すると、家に重大な被害をもたらすことにつながる心配があります。

まず塗装が劣化してシーリング部分にひびなどが発生すれば、その部分から雨水が少しずつ浸入し、湿気で断熱材にカビが生えることがあります。


壁の内部に湿気がこもることによってシロアリの原因になりやすくなるし、家の基礎部分や家を支える重要な躯体部分などが雨水の浸入が続くことで腐ってしまえば、家の耐久性が大幅に劣ってしまうことになります。


家の内部に雨漏りがしていることに気が付いたころにはかなり状態は深刻になっているというケースは決して珍しい事ではありません。

これらの雨漏りによる二次災害を予防するためには、外壁の劣化を見逃さないようにすることが大切です。


具体的には外壁を目視してみてシーリング部分にひびなどが発生していないか自分でチェックしてみるようにします。

またもう一つ外壁の表面を手で直接触れてみた時に、手に白い粉状のものが付くことがないかをチェックすることも大切です。


シーリング部分などに劣化による細かなひび割れが生じている場合、たとえ見た目にはそれほど重症には見えなくても、吹き付ける雨水がひび割れ部分から少しずつ浸入することは十分に考えられます。