外壁塗装のオシエ ドア塗装

住居を建てる時、出入りする上では必ず必要となるのはドアで、大きく分けて三つのタイプのドアが存在します。

開き戸・折れ戸・引き戸というタイプがあり、なかでも多いのは引き戸か開き戸の二つです。

住居の中でも一日一回以上は使われる性質を持っていますが、住居の外壁塗装で忘れられがちなのがドアであったりします。


ドアは人が住居の出入り口に設けられる設備の一つですが、いつも使っているし、雨風にさらされている過酷な環境下で使用されることも多いです。

特に住居にこどもがいたりすると、蹴られたり無理な圧力がかけられることもあり、それにより他の外壁よりも過酷な影響を受ける可能性もあります。


そこで外壁塗装を行ったついでに、壁と一緒に塗装すれば色と雰囲気を統一できる点でも優れ、見映えも非常に良く仕上がることとなります。

従って外壁塗装と同時に行えば、おしゃれな雰囲気の住まいとなり、友人や親せきなどにも自慢できます。


他にはドア塗装をしっかり行えば、ドアの開け閉めで素材に振動が加わり傷みやすい状態を和らげることも可能です。

しかも汚れや湿気などを防ぐことが出来たり、紫外線などで素材の劣化、強風で飛ばされた物が当たった場合も防ぐことができます。

それ以外にも防犯にも貢献したり、来客時の訪問する場所の目印となる役割もあります。