外壁塗装のオシエ 外壁塗装

外壁は雨風に常にさらされている状態です。

一方で家をの構造物などを壁が守ってくれているので、その外壁が劣化とすると言うことは、家などの構造物などの劣化につながる可能性もあります。

よって外壁に対する劣化やダメージをできるだけ最小限に留めることが必要で、外壁塗装はそのための手段としてあります。


外壁塗装で利用される塗料にはいくつかの種類があり、それぞれに特性が異なっています。

その中でもバランスの良いシリコン素材がおすすめで、これはそこそこの強度でそこそこの値段であるためです。


外壁塗装に利用される塗料は、価格と耐久年数によってランク付けがされています。

現状、5種類の塗料が外壁塗装に用いられる塗料としては挙げられるのですが、シリコン素材はその真ん中にランク付けされています。


シリコン素材よりも上にあるふたつに比べると、価格は安い一方で、シリコン素材よりも下にあるふたつに比べると、耐久年数は長いと言うことです。


だいたいですが価格は3045万円前後が相場で、耐久年数は1015年とされています。

耐久年数がこれくらいあれば、それほど頻繁に塗りなおさなければならないと言うことにはつながらないので、そう言った意味ではとても経済的な塗料とも言えます。