飲食店の内装|色やレイアウトのコツを知って集客率をUPさせよう!

飲食店の内装をどのようにしようか悩んでいるという方、必見です!

実は、飲食店の集客率を高めるためには、お店の内装デザインをいかに工夫するかが勝負になるということがあるんです。今回は、飲食店の内装デザインをどのようにすれば集客率UPに繋がるのかをご紹介しようと思います。


■飲食店での色彩のキホン

そもそも、色が脳に与える影響を考えると、食欲を促進させるには青、緑等の寒色ではなく赤、黄、茶等の暖色を使う方が良いと言われています。したがって、飲食店の内装では主に暖色を使うことをおすすめします。しかし、落ち着いた雰囲気のお店を目指すのであれば寒色を取り入れることも必要でしょう。


■壁紙を効果的に使う

壁紙が無地でシンプルすぎると感じたら、大きな模様がプリントされた壁紙を使ってみましょう。大きな模様ならば細かい模様に比べて落ち着きがあるので、お店の居心地も良くなると思われます。


■照明を活用する

飲食店では温かみのある白熱灯風の照明を使うことをおすすめします。光が強すぎるという場合は、間接照明を使うことで光を和らげることができます。

また、窓が広く自然光だけで十分明るいという店では、無理に照明を使わない方が、開放感があって過ごしやすい店になるでしょう。


いかがでしたか。

飲食店では、お店のデザインによって集客率も変わってきます。内装デザインのポイントを押さえて居心地の良い店にすることで、集客率をUPさせましょう。