放置したら大変!チョーキング現象の罠

みなさんこんにちは!

岡山市にお住いの方々の中で、「家を建ててからそろそろ10年程度だけど、家のメンテナンスって何をすればいいんだろう。」という方はいらっしゃいませんか。

新築から幾年か経つと、目立ってくるのが「外装塗装の劣化」です。

今回は、そのような劣化が後々引き起こす重大な損害をお伝えしていき、外装塗装の重要性をご理解していただきたいと思います!



■よくみられるチョーキング現象

外装塗装においてよく見られるのが、紫外線により塗膜表面の樹脂が劣化し、塗料がむき出しになって粉状になる「チョーキング現象」です。この劣化は放置しておくと、重大な損害を引き起こします。


一つ目は、防水性の低下によるカビやコケの繁殖です。

塗装というのは色をつけるという意味の他に、塗膜によって水や汚れを弾くという効果もあります。それが薄れてしまうと、壁自体が水を吸収してしまい、カビやコケの温床となってしまいます。


二つ目は、この吸水と乾燥の繰り返しによって起こるひび割れです。壁の材質というのはもちろん経年劣化しますが、それが過酷な環境の元だと尚更のことです。

上で述べたように、水を吸収し、また乾燥するということを繰り返していくうちに壁がひび割れてしまい、そこから雨漏りしてしまうなんてことも考えられますね。



いかがでしたか。

外装塗装の劣化としてよく見られる「チョーキング現象」が後々ひき起こす損害を詳しくご理解いただけたでしょうか。

もしご自宅の外装をチェックしてみて、そのような状態が見られた場合は、是非外装塗装の塗り直しを検討してください!