その塗料、大丈夫?外壁塗装に用いる「水性塗料」の特徴とは!?

外壁塗装に用いる塗料には水性塗料と油性塗料があり、それぞれで特徴が異なります。今回は、水性塗料の特徴とメリット・デメリットについてご紹介します。


■水性塗料とは

水性塗料とは水から塗料と主成分ができているもので、シンナー臭がない塗料です。溶剤がたくさん配合されているほど塗膜が強くなりますが、たいてい強い塗膜にはシンナーのような溶剤が多く配合されています。水性塗料にはシンナーのような溶剤が配合されていません。しかし、その分塗膜が弱くなってしまうのが欠点で外壁塗装に用いられることがあまりありませんでした。しかし、最近は油性塗料に劣らない水性塗料が増えてきており環境面を考えても注目されている塗料です。


・メリット

主成分が水のためシンナー独特の臭いがなく、保管も簡単です。また、塗料の値段も安価です。

・デメリット

油性塗料に比べると塗膜が弱く簡単にツヤが落ち、すぐに剥がれてしまいます。


いかがでしたか。水性塗料は身体や環境に優しい一方で油性塗料と比べると寿命が短い点が欠点です。よく日に当たるところなのか、壁の隙間なのか、どの部分を塗装するか考えた上で使う塗料を決めるのが良いでしょう。是非外壁塗装を行う際には使用する塗料にもこだわってみてくださいね。