初心者におすすめ!オイル塗装について簡単解説!

「家具を塗装してみよう」と思ってもどんな塗料を使えばいいのかわかりませんよね。今回は木材の素材を活かすことのできるオイル塗装についてご紹介します。


■オイル塗装とは

オイル塗装とはチークオイルなどの塗料を素地に染み込ませて表面に塗膜を作らない仕上げ方法です。そのため、木材の質感を失わせずに塗装できます。


■オイル塗装のメリット

オイル塗装では、素地を塗膜で覆わないので、手触りがそのままになります。そのため、木の素材への塗装に使われることが多いです。また、塗膜を張っていないため、年数を重ねても劣化で塗装が落ちることはありません。オイル塗装は有害な化学物質を含まないので安心して家具に使用できます。


■オイル塗装のデメリット

塗膜を張らないため、汚れやシミがつきやすいです。また、乾燥で割れてしまったり、反りが起こることもあります。オイル塗装をする場合数年に一度再塗装する必要がありますので定期的なメンテナンスが面倒臭い方には向いていません。


いかがでしたか。オイル塗装は木材が持つ自然の肌触りを保つことができますが、その分繊細な塗装方法です。こだわりの家具の塗装にはおすすめですので是非検討してみてください。